アレルギー対策にDHAサプリメントを摂取しましょう

健康に必要な栄養素

巻尺

DHAとEPAは青魚に多く含まれる成分ですが、これらはオメガ3系脂肪酸の一種で、体に必要ではあっても体内では作れない必須脂肪酸です。脂肪酸には飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の2種類がありますが、飽和脂肪酸はバターや牛脂などに含まれていて、過剰摂取すると高脂血症や動脈硬化などを引き起こす可能性があります。これに対して不飽和脂肪酸は、まぐろ、いわし、さんまなどの魚に多く含まれており、血中のコレステロール値や中性脂肪を抑える働きをします。そして、オメガ3系脂肪酸は不飽和脂肪酸に分類されるもので、常温で固まりにくく、体内では液体になるという特徴を持っています。オメガ3系脂肪酸であるDHAには神経系に働きかけたり、脳の活動を活性化させるなどの作用があり、記憶力を向上させたり、認知症を改善する効果も期待できます。ただ、DHAやEPAは熱に弱く、酸化しやすいため、これを食品だけで十分に摂ろうとすると、かなり大変になります。そのため、特にこの2つの成分をしっかりと摂りたいときには、これらを使ったサプリメントを利用すると便利です。また、DHAとEPAは一緒に摂ると、血流改善やアレルギー抑止などの働きがより効果的になると言われているので、サプリメントは両方が入っているようなものを選ぶと良いでしょう。そして、この2つの成分には酸化しやすいという特徴があるので、サプリメントには、酸化防止の対策がとられていることが大切です。なお、サプリメントを選ぶ場合は素材の安全性を確かめ、製造過程での品質管理などがしっかりとできているということを確認してから購入することをお勧めします。